必要最低限のアイテム

当サイトでは何度も言っていますが、カラコンは常に清潔な状態で利用する必要があります。
それはご自身の大切な目を守ることに繋がりますので、安全性のためにも必要なことです。

 

当たり前のことですが、カラコンの汚れを落とすためには、洗浄液や保存液が必要です。
最初のころはこまめに洗浄するのですが、慣れてくると面倒になってサボる人がいます。

 

洗浄をサボってしまうと、カラコンに付着した菌が繁殖したりしますので、目の病気になりやすくなります。
これを避けるためにも洗浄が必要なんですね。

 

次に保存ケース。
これがないと洗浄とかできないし、保存することもできません。
なので、洗浄液・保存液とセットで購入しましょう。

 

カラコンの1日使い捨てがあれば洗浄の必要がありませんが、さすがに高価なカラコンは毎日捨てることはできません。
使い捨てのように安くなればいいのですが、おしゃれに使うものなので、それは難しいのかもしれません。

 

あとは必須ではないのですが、目が乾燥しやすい人は、コンタクトレンズ対応の目薬を持っておくといいと思います。
カラコンは目に直接つけるものなので、目に酸素が行きにくくなり、乾燥しやすくなります。
なので、カラコンを付けると目が乾燥しやすくなるため、もともと乾燥しにくい人でも乾燥しやすくなるんですよね。

 

また、その状態で寝たりすると非常に目によくありませんので、寝る際は必ずカラコンを外してくださいね。