使用期限の間違い【カラコン】

物や食べ物には必ずと言っていいほど、使用期限が決められています。
これはカラコンも例外ではありません。

 

もちろん、しっかりと使用期限を守られている方もいらっしゃいますが、実は勘違いされている方も多いのがほんとのところなんです。

 

例えばですが、半年間の使用期限だとしましょう。
すると1か月を30日で計算して、30×6=180となり、180回は使えると考える方がいます。

 

確かに、毎日利用すればそういう計算で問題ないと思います。

 

ところが、180回というところに大きな問題点があって、実際には180回ということではなく、開封後から半年間という意味なんです。

 

ですから、初めて利用する日から半年間使わなかった場合、使用期限は終わっていることになります。
なので、1回しか使っていなくても破棄しなければいけないんですよね。

 

もったいないと思うかもしれませんが、自分自身の目を守るためにも、このルールは守る必要があります。

 

また、1dayの使い捨ての場合によくある話なんですが、1度外した後に、もう一度再利用するのは駄目です。
再利用という言い方は変かもしれませんが、1dayはあくまでも一回だけように考えられていますので、レンズの耐久性など考えると、もったいないと思うかもしれませんが、捨てる必要があります。

 

カラコンの利用者は非常に多く、おしゃれにはもってこいなのですが、その反面、使用上の規則を守らない人が増えているのも事実です。

 

角膜などが傷ついてしまうと、眼科にお世話になる必要がでてきて、治療代を含め治療期間なども出てきます。
おしゃれに利用するのは構わないのですが、絶対に使用期限は守ってくださいね!