カラコン装着方法

カラコン装着時に注意すべき点がありますが、これは初心者の方よりも、慣れている方の方がより注意が必要だと思います。

 

初心者の方は慣れていないため、慎重に装着すると思いますが、慣れている方の場合、当たり前のようになっているため注意力が散漫します。
目の病気にならないためにも、慣れた方は初心に戻りましょう。

 

カラコンを装着する際は、手に雑菌がついていますので、まずは石けんでしっかりと手の汚れを落としましょう。
その際、爪もよく洗うように心掛けてください。
石けんは泡が大切なので、泡で洗うようにしてくださいね。

 

洗い終わった後に、いよいよカラコン装着になるのですが、ここでも注意が必要!
間違いないとは思うけど、カラコンにも表裏があります。見たらわかるとは思いますが、間違えないようにしましょう。

 

装着の際は、下の瞼と上の瞼を大きく広げ、目線をまっすぐに向いて黒めに装着してください。

 

装着後は目にフィットしているかを確認して終了です。

 

外すときも先ほどと同じような流れになります。

 

手をしっかりと石鹸で洗い、目に雑菌を入れないようにしましょう。
その際、爪が伸びている場合は、目を傷つけないように爪を切るか、より慎重になって外してください。

 

外した後はカラコンをしっかりと洗浄して、保存液をかけて次の利用に備えてください。
※カラコンケースに雑菌が入ってしまうと意味がありませんので、こちらもしっかりと洗うように心掛けましょう。