コンタクトレンズの種類

現在はソフトのコンタクトレンズが当たり前のように使われているけど、昔はハードコンタクトレンズが主流でした。
今でも時折ハードコンタクトレンズを使用している方を見ますが、もうほとんど見かけないようになりました。

 

ハードコンタクトレンズのメリットは、汚れにくく、ケアがしやすい点にあります。
逆にデメリットは、ソフトよりもレンズが硬いため、目に異物が入っているような感覚になることです。まつ毛などが入った時なども結構痛いです。

 

ソフトコンタクトレンズのメリットは、薄くできているため目になじみやすく、レンズがずれにくいことです。
デメリットは傷つきやすい点です。

 

もっと細かく言えばまだありますが、大まかなところは目にフィットしやすいかしにくいかの差だと思います。

 

また、最近のコンタクトレンズは使い捨てが主流になっていますので、あまり気にすることはないと思います。
1日で使い捨てのものであれば、レンズが傷つく前に捨てることになりますし、常に新しいものを利用するので、衛生上も非常にいいです。
目を守るためには、1日で使い捨てるタイプが一番いいと思います。

 

ただし、カラコンの使い捨てタイプはありませんので、これは適用できません。
ですから、こまめに洗浄をして、常に清潔な状態で利用しましょう。

 

ところで、カラコンのハードコンタクトレンズというのはあるのでしょうか。
私は今のところ聞いたことがありません。なので、もしかすると販売されていないのかもしれません。間違っていたらごめんなさい。